アジアで携帯を買う理由

今年はマレーシアでiPhoneを買った!

おはようございます「Selamat Pagi(スラマッパギ!)」マレーシアのクアラルンプールで開催されるジュニアの大会に招待されてやってきました!

先週は、北マレーシアのチンタサヤンで1週間のキャンプ!動画を撮ったりしていました。

iPhoneカメラはかなり優秀で、最近は動画撮影もiPhoneだけで済ませるようになってきました。

その動画撮影中にiPhoneが壊れてしまって・・・最後の部分が撮影できませんでした。途中、画面が暗くなったりして「おかしいな?」とか思っていたのですが。

さらに撮り直した最後のまとめも録画されていなくて・・・涙 ここで2年間使ったiPhoneXをiPhone11に買い換えることにしました。

なぜアジアで割高なiPhoenを買うのか?

私は、今までiPhoneを日本で買ったことはありません。必ずタイや台湾、香港、マレーシアなどアジアで買います。

アジアのiPhoneは正直日本製よりも高いです。(※日本で買うと11万7000円/税込)今回買ったマレーシアのiPhoneは64ギガのiPhone11プロが4899リンギット(12万7000円)です。ケースなども含めると5100リンギット(13万2000円)です。

iPhoneをアジアで1万円高く買う理由は3つあって

1)日本のiPhoneは国内のみのSim フリー

日本のiPhoneはこの携帯会社に乗り換えても使えるとありますが、アジアでは使えません。国内のみでSimを交換できます。。。島国の定めです。なので、アジアに頻繁にくる私は、必ずアジアでiPhoneを買います。

2)現地のSimは通信量が安い!

一週間くらいなら海外ローミング(これは異常に高いのでオススメしません!)や海外用のポケットwifiを持ってきてもいいのですが、アジア各国のSimを買ったほうが全然安いです。

※ただし中国だけは、現地のsimカードはすぐにFacebook、Google、ツイッター、ライン、you tubeが遮断されますので、日本でイモトのwifiを買って「中国プレミアム契約プラン」を予め契約していきます。

長く海外に行くには、国内限定の日本のiPhoneは何かと不便です。

アジアのsimカード

3)シャッター音が鳴らない

日本のiPhoneは、ゴルフの仕事には向きません。シャッター音がデフォルトで消せないからです。

アジアのiPhoneは、左の音量ボタンをオフにしたらシャッター音がなりません。ティーグラウンドでショットの写真を撮ることが頻繁にあるので、日本の携帯は使えないのです。

※この瞬間にシャッター音は鳴っていません。↓

日本のトーナメントがシャッター音で悩まされて、ギャラリーに撮影を解放できないのは、日本仕様のiPhoneのデフォルトでシャッター音が消せない仕様に原因があります。

多分、日本仕様だけが世界中でシャッター音が消せません。盗撮防止?かもしれませんが、日本人は世界で一番モラルに欠ける?のでしょうか?

ゴルフの普及のためにトーナメント会場でもSNSを利用した方がいいでしょう。

そのためにもiPhoneのデフォルトのシャッター音の仕様を変えてもらいたいです。ゴルフに関していえば、日本のiPhoneは世界で一番使いにくいです。

ちなみにアジアのiPhoneはかなり高価に買い取ってもらえます。アジアの物価にすれば高いので!中古で買いたい人がたくさんいます。12万のiPhoneプロなら1年使って4−5万で買い取ります。

※必ずケースに入れて裏面のアップルマークを傷つけないようにして、角にも傷がつかないようにUAGのケースに必ず入れています。そうすれば買取額も上がります。なので、8万で買ったようなものです。

アジアの安全はWifiで守られている!

公共のWifiはハッキングの危険がある

海外にいるときは公共のwifiは、当てにしないほうがいいでしょう。空港のフリーWifiで航空チケットを買うなどちょっと怖いです。パスワードなどあっという間にハッキングされてもおかしくありません。まず、公共のwifiでログインするなど絶対にやめましょう!

海外では24時間ネットに携帯がつながっていることが一番の安全対策です。今回も航空チケットを買い忘れてすぐにネットで買わないといけない状況で、ネットに繋がっていない?ということがありました。

空港で、みんなと移動中はぐれた時も、ライン電話が繋がらなくて探しに行ったこともありました。できたら、個人で1個ポケットWifiを契約して持ってきてください。

1つのポケットWifiをシェアしていると友達が近くにいつもいるとは限りませんので、突然アジアの陸の孤島にひとりぼっちになる可能性があります。。今の時代何かあった時に、自分のWifiを持っている方が安全です。

アプリのタクシーが一番安全

アジアのトーナメントでゴルフ場のフロントで呼んでもらったタクシーに乗ったら、山の中に連れて行かれて強盗にあった?という話があります。街の流しのタクシーなど絶対に乗ってはいけません。

携帯アプリのGrabが一番安全と言われています。全て登録されているからです。

タクシーAPP”Grab”

タクシーは高級ホテルのコンシェルジェで呼ぶか、アプリで探します。以上の理由でwifiに24時間繋がっていることが、アジアで安全に守られている第一歩です。

私は、その国についたらまずは、Simカードを買いに、携帯会社のデスクに行くようにしています。通信量もすぐにチャージして、これだけはケチらないように気をつけています。

アジアで高い日本食を毎日食べたり贅沢したいとは思いませんし、安い現地の料理を平気で食べます。でも、携帯の通信量だけは一番贅沢に使いますね。

アジアに修学旅行に来ているのではなく、将来アジアを飛び回って活躍できるリーダーを育てに来ています。

私が、いなくても自分でできるように「常に一人できたらできるように意識して行動しなさい」とジュニア達には話しています。

そんな理由でまずは、安全の大事さを教えています。

 

 

 

Follow me!

コメントを残す