フォンシャンシャンジュニア選手権優勝しました!~大会後記その1~

石塚祥利くんが優勝!アジアで今シーズン初勝利!

大家好!皆さんこんにちは!今週は、「チャイナアマチュア選手権」のため、先週に引き続いて中国広州の佛山にある「佛山保利雲東海高尔夫球場」に来ています!

先週の「フォンシャンシャン国際ジュニア選手権(冯珊珊学院杯”国际青少年高尔夫球锦标赛)」では、石塚祥利くんが今シーズンチームでアジア初優勝を果たしました!おめでとう!女子も、仁井優花さんが優勝しました。日本アベッック優勝は現地でも話題となっています。

中国の大会名長いですね・・・笑

優勝が決まった18番ホールの映像をアップしておきますね!

まずは、2018年以来久しぶりの中国の大会を振り返ってみます。。。

アジアの4試合の推薦枠をいただきました!

この大会は、中国ではすでにレジェンド的な存在のフォンシャンシャン選手が主催だということで、格の高い試合となっています。優勝した選手たちには、4つの試合の推薦枠をいただきました。男子の優勝は、「PGAツアーチャイナの第1戦」、「チャイナツアーの第1戦」、「シンガポールアマチュアオープン」、「香港アマチュアオープン」です。香港やシンガポールは、ホテル代5泊とプレー代5日分が招待となっています。女子の優勝も日本人の仁井優花さんで、女子にも、「中国女子オープン」、「シンガポール女子アマ」、「香港女子アマ」、「中国LPGA第1戦」のそれぞれの推薦枠がついています。

今回は、中国国内での第1回目の大会ということで、大会の知名度もない中で、フォンシャンシャンプロの実績と自身の知名度だけでこれだけの推薦枠を取れるのですから、すごいですね!アジアのアマチュアトーナメントでもトップクラスの格であるといえます。

将来、アジアから世界を目指す私たちの協会の趣旨とも一致していますし、少なくとも3年は開催予定でると話していたので、また来年度も参加させていただきたいと思っています。

アジアの大会に参加するときは・・・

今回の大会は、私たちは中国の政府の関係者の方を通じて、オフィシャルなルートで申し込みました。最初は。「チャイナアマチュア選手権」の参加を申し込んだのですが、その前にこの大会があると聞いて合わせて申し込みを行いました。最初から、年間で予定していたので、ヨネックス財団の助成金を正式に申請して、引率の私の経費などは、財団の費用から賄いました。現地でお世話になった人への謝礼や航空チケット、ホテル代などの費用は、参加者と負担します。

一方で、フォンシャンシャンの日本のマネジメント会社からの推薦選手も5名参加していました。引率してきたのは、マネージアーのTさんで、参加者は、全員女子でしたので、「女子しか募集しなかったのか?」と聞いたら「男子は電話で全員断られました」とのことでした。

今回は、来てみたら男女とも優勝者には4試合の推薦枠があるのですから、今年のアジアの大会の中でもトップクラスのクゥオリティーだと感じました。次回は、いきなり断らないでまずは来てみたら???

Tさんには、1週間付きっきりで通訳をして、全ての手配をやっていただいたので、本当に感謝しています。今回、Tさんにはお世話になった皆さんは、お礼状や感謝状を書いて送るといいでしょう。きっと苦労や疲れも忘れて来年もやっていただけると思いますよ。

聞いた話では、マネージャーのTさん、航空チケットも全て自費でのボランティアでの引率だったそうです。今年は、第1回大会でしたのでプロモーションとしてやってくれたんですね。来年度は、しっかり仕事にして、少なくとも引率日は参加者に負担してもらったら?とアドバイスしました。

1週間付きっきりで、通訳やお世話をしてましたので、それくらい参加者にお願いしても十分なくらいに仕事していました。

さて、明日は、今年1年のアジアの大会を振り返りながら、アジアで勝つための戦略なんか練ってみたいと思います!

 

 

Follow me!

コメントを残す